手作り犬ご飯レシピ、グーわんへようこそ。
このページではブログ方針をお伝えしています。
当ブログは愛犬の健康や食べる喜びのために、何ができるか、何が良いのか、その選択肢のひとつとしてご覧いただければと思います。

レシピの方針

ご紹介しているレシピは栄養だけではなく、漢方の薬膳や陰陽、五行説も取り入れながら、食材が本来持つ力をなるべく生かしたメニューを中心としています。
しかしそれは病気を治すものではありません。あくまでも健康的な生活を目指すものです。
病気の時は必ず専門の医療機関に連れていき、食事は犬の食事に精通した獣医師の指導を受けてください。

また全てのメニューは基本的に10㎏の健康的な成犬のご飯という前提で作成しています。
ご愛犬の体の大きさや消化の得意不得意、喉の大きさなどにより、量や切り方、調理の仕方はご変更ください。

犬の手作り食の量について
犬の手作り食の食事内容、食材の分量、割合について

子犬、老犬などの場合は犬の食事に精通した獣医師にご相談ください。

子犬の成長期における手作り犬ご飯について
日に日に大きくなる子犬の成長期には栄養満点のご飯を
老犬の食事の注意点や接し方について

また、おすすめの食材などが書いてある場合もありますが、そればかり摂ると栄養が偏る原因となりますので、何事もほどほどに、バランスの良い食事を心掛けてください。

運営について

運営、記事作成全般はブログ管理人micuが行っておりますが、記事の原案は母が担当しています。グーわんは犬好き母娘の共同ブログです。

また当ブログはホリスティック獣医師の花崎勝代先生(北里大学獣医学部卒業 動物関連専門学校講師)に監修していただき、犬の手作り食を長年続けている母や、母の犬友達の長年の実践経験から得たリアルな情報を提供しています。
ブログ管理人は犬の手作り食の資格は保有していますが獣医師というわけではないことをご了承ください。

なお、犬の手作り食は獣医師によっては勧められない場合があります。
アレルギーや消化不良など個体によっても差があるため不安な時はお控えください。
与える場合は飼い主さんの自己責任となります。ブログ管理人はいかなる責任も負うことができませんのでご了承ください。

 

当ブログについてはまずはじめにをご覧ください。

 

完全栄養食とも言われるドッグフードや犬の本来の食事と言われる生肉など、犬の食事に関して様々な見方がある中で、こんな考え方、こんな犬の食事もあるんだな、と、少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク