犬は少しくらい体調が優れなくても飼い主には元気にふるまう動物です。(調子が悪いのが周囲に知られると狙われる危険があった野生の頃の本能と思われます)
愛犬の体調の変化は日頃よく観察し、察してあげなくてはいけませんね。

体調の変化は毛艶の変化、足裏の肉球の温度や湿り具合、歯茎の色などで分かります。重症になれば、体臭、便や尿、散歩に行きたがらないなどたくさんの変化が生じます。

まずは簡単なところから、疲れが溜まらないような元気の出る食材を取り入れるのもおすすめです。

今回は疲労回復に役立つメニューです。トマトのクエン酸が鰯に含まれるビタミンB2の代謝をUPし、素早く疲れを取ってくれます。また、鰯には皮膚や粘膜を守る成分も多いので皮膚のトラブルの味方にもなります。

原材料

*オイルサーディン・・・一缶(総量約100g)
*トマト・・・50g
*マカロニ(乾燥したもの)・・・15g
*インゲン・・・10g
*かぼちゃ・・・20g
*ホワイトソース・・・50g
*とろけるチーズ少々

犬用ホワイトソースの作り方【豆乳で代用OK】はこちら

スポンサーリンク

下準備

*マカロニ・・・茹でておく。
*インゲン、かぼちゃ・・茹でて一口大にカットする。
*トマト、オイルサーディン ・・・一口大にカットする。

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

作り方

  1. グラタン皿にマカロニを入れる。
  2. インゲンとかぼちゃを1の上に乗せる。
  3. トマト、オイルサーディンを乗せ、缶詰の汁も全て加える。
  4. ホワイトソースをかける。
  5. 最後にとろけるチーズを散らしてオーブンかオーブントースターで表面を焼いて完成。

*与える時は人肌に冷ましてください。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

ぼくは大型犬だから鰯もほぼ切らずに作ってもらったけどめっちゃ美味しかった〜!


特徴 豊富なカルシウム。
特徴的な栄養成分(可食部100g中 )
* たんぱく質:19.8g
*カルシウム:70㎎
* ビタミンB2 :0.36㎎
* ビタミンD:10㎍
* ビオチン:15㎍

鰯は皮膚や粘膜を守るビタミンB2が豊富です。
皮膚の痒みを緩和し再生にも役立ち皮膚のトラブルには良い食材です。

ココ

カルシウムも豊富だし、しかもカルシウムを吸収するビタミンDも多くて、骨を丈夫にするのに素晴らしい食材なんだってー!

トマト

特徴 胃を健康にして消化を助ける
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:0.7g
カリウム:210㎎
ビタミンC:15㎎
ビタミンA(β-カロテン):540㎍

トマトは胃の働きを正常にして消化を助ける食材です。解毒作用も強く、肝臓の働きを助けます。

ジョー

赤い色素のリコピンは抗酸化作用が高くって癌や動脈硬化を予防すると言われています♪

 

ココ

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク