犬にとって必要な栄養とはどんなものでしょうか。
犬にとって理想的で最もナチュラルな食事とは、ウサギやネズミのような小動物を皮から丸ごと食べることと考えられます。元はそのような獲物を狩って生活していた動物だからです。

ではウサギの栄養素について考えてみます。

ウサギの毛皮と内臓には繊維分が含まれており、肝臓やその他の臓器、筋肉、骨にはタンパク質をはじめ、脂肪や各種ビタミン、ミネラルが含まれています。
かつてオオカミとして生きていた犬は狩りをし、獲物から様々な種類の栄養素を確保していたのです。

犬の手作り食を作る時にはこれらを考慮し、栄養のバランスを保つように心掛けます。

栄養のバランスについてですが、難しく考える必要はありません。現代の我々人間も一般的な食生活をしていれば、滅多なことでは栄養失調になったりしませんね。それと同じです。
「肉だけ」「野菜だけ」など、「〇〇だけ」と偏らないようにし、様々な種類の食材をローテーションで摂るようにしていれば通常は問題ありません。

栄養を摂るということ、食べるという行為は、犬の生命の維持すなわち各臓器やその活動を維持するということです。免疫機能を保つためにも健康的な消化が行われるように心掛けるべきでしょう。

犬の食欲は空腹を前提としている

また犬の自然な状態は「空腹」だということも忘れてはいけません。
自然の中で生きていた時代、狩りがいつも成功するとは限らず、犬は空腹であるのが常でした。なので餌にありついた時は、より早くよりたくさん食べるという本能を持っています。

犬は人間のように適量で満腹感を覚えることはありません。
喜んで食べるからとかまだ欲しそうにしているからと言って、必要以上の餌を与えると肥満になるので注意しなければいけません。

スポンサーリンク

犬が必要な栄養素

人も犬も同じ哺乳類です。人と犬の必要な栄養素にはたくさんの共通点があります。
人と同様にビタミン、ミネラル、脂肪酸、炭水化物、タンパク質、脂肪、繊維が犬にも必要です。

 

犬に多く必要とされるものに、まずタンパク質が挙げられます。
犬の体の組織成分と体に起こる化学反応(代謝など)を助けるための酵素や、アミノ酸生成の為にも必要です。

タンパク質の理想は肉類からの摂取ですが、体に必要なアミノ酸生成には植物性タンパク質から摂ることも可能です。(人も同じです)基本的に肉食性の犬ですが、進化の過程で肉がなくても生命の維持が出来るようになったということです。

逆に肉だけの食事にすると、カルシウムなどの必要な栄養素が含まれていないため栄養不足になります。

そしてタンパク質以外の栄養素も忘れてはなりません。
例えばカロリーの高い栄養素である脂肪は、脂溶性ビタミンを体中に運びます。また犬が体内で生成することのできない脂肪酸を含んでおり、犬に必須の栄養素となっています。

炭水化物は犬には消化しにくいとか必要がないとか言われることもありますが、犬は炭水化物をブドウ糖に変え、エネルギー源として筋肉に蓄えられるグリコーゲンの生成に使われます。よく運動する犬種は特にグリコーゲンを蓄える機能が発達しています。

微量栄養素であるビタミン、ミネラルも犬にとって必要な栄養素です。ビタミン、ミネラルは各種酵素の働きを助け、エネルギーの変換を行い、骨の発育などに関わります。

また繊維質は食べ物の消化を促し、腸内の環境を整え便を固形状にします。

そして最後に水ですが、とても大切なものです。水は生命の維持には欠かせません。手作り食のメリットのひとつとして大きな柱となるでしょう。
ドライフードには水分はほとんど含まれませんが、手作り食にはスープなどにして思うように水分を含ませることが可能です。

運動の後などでなければ水分をほとんど摂らない犬も多いので、飼い主は水分不足に注意しなくてはいけません。
食事と一緒に水分を摂らせることができれば、健康に非常に有益です。ぜひ食事と共に摂ってもらいたいものですね。

これらの栄養素はどの犬にも同じ量が必要というものではなく、犬種、年齢、運動量などによってそれぞれ違ってきます。
その子が今何が必要なのかは、普段から様子をよく観察し、変化に早く気付くことが大切です。

健康のためにも愛情たっぷりのまなざしで、ご愛犬との日々のコミュニケーションを大切にしてくださいね。

少しでも犬の手作り食のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク