豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が豊富です。
暑さに弱い犬は夏に是非摂りたい食材です。

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として一食分 *個体差があるので調整して下さい)

*豚薄切り肉・・・80g
*セロリ・・・15g
*トマト・・・中1個
*グリーンリーフ・・・1枚 (レタス、サニーレタス等なんでもよい)
*押し麦・・・15g
*ピーマン・・・5g

スポンサーリンク

下準備

*豚肉・・・一口大に切る
*セロリ・・・みじん切り
*トマト・・・一口大に薄切り
*ピーマン・・・あられ切り(1辺が5mm程度)

作り方

  1. 押し麦を15分ほど茹でる。
  2. 湯を沸かして沸騰したら豚肉を入れ、火が通ったら肉だけ皿に上げておく。
  3. グリーンレタスの上にトマトと1を乗せ、豚肉も乗せる。
  4. 最後に上にセロリとピーマンを散らして出来上がり。

レシピメモ

ジョー

ぼくは大型犬だからこれくらいの具材の大きさでも美味しく食べたよ!

豚肉

特徴 腎を養って精力を高める
特徴的な栄養成分(かた脂身付き)
たんぱく質:18.5g
脂質:14.6g
鉄:0.5㎎
ビタミンB1:0.66㎎
ビタミンB2:0.23㎎

豚肉には牛肉の数倍もビタミンB1が含まれています。
ビタミンB1は免疫細胞を活性化するだけでなく、糖質の代謝にも欠かせない栄養素です。
またビタミンB1は疲労回復にも効果的な食材です。

ココ

カロリーが高いと思われがちな豚肉ですが、ヒレ肉やモモ肉などの赤身は鶏肉よりも脂肪分が少なくとてもヘルシーなんですよ~

注:ビタミンB1は加熱し過ぎると壊れてしまうので、あまり長い時間加熱しすぎないよう十分注意してください。

トマト

特徴 胃を健康にし消化を助ける
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:0.7g
カリウム: 210mg
ビタミンC: 15mg
ビタミンA(βーカロテン): 540μg

トマトは胃の働きを正常にして消化を助ける食材です。
赤の色素のリコピンは抗酸化作用が高く、癌や動脈硬化を予防すると言われています。

ジョー

解毒作用も強く、肝臓の働きを助けます♪

大麦

特徴 胃腸の機能向上、消化促進。
特徴的な栄養成分(可食部100g中 )
* 炭水化物:77.8g
* たんぱく質:6.2g
* 食物繊維:9.6g
* カルシウム:17㎎
* ビタミンB1:0.06㎎
* ビタミンB2:0.04㎎

大麦は胃腸の機能を高め、消化を促す食材として知られています。
食物繊維やビタミンB群、ミネラルが豊富です。中でも食物繊維は精白米の約19倍、さつまいもの約4倍もあります。
漢方の生薬では外皮の付いたものを用い、体にこもった熱を取る薬として使われます。これは食材としても同様の作用があります。

ココ

大麦の若葉は青汁の原料としても有名ですね!ビタミンCをはじめとするさまざまな栄養が含まれているんですよ♪

 

ココ

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク