今回は食パンが余りそうな時に人も愛犬も食べられるおやつ、3種類のラスクです。

原材料(3種類分)

*8枚切り食パン・・・1枚
*オリーブオイル・・・少々
*すりごま・・・少々
*パセリ・・・少々
*ローズマリー・・・少々

下準備

*食パン・・・6等分にカット
*パセリ、ローズマリー・・・みじん切り

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

スポンサーリンク

作り方

  1. 食パンの表面に刷毛でオリーブオイルを塗る。
  2. その上に各々すりごま、刻んだパセリ、刻んだローズマリーを乗せる。
  3. オーブントースターで軽く色がつく程度に焼く。

*与える時は人肌に冷ましてください。
*一口サイズに割って与えると食べやすいです。与えられるサイズに元々パンを切って焼いても良いでしょう。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

ぼくは大型犬だからこれくらいの大きさでも美味しく食べちゃうよ!もう1匹のグーわん看板犬、ココちゃんにはこれじゃちょっと大きすぎるかな?

黒ごま

特徴 肝や腎を助けるスタミナ食品
主だった栄養成分(可食部100g中)
* 脂質:54.2g
* たんぱく質:20.3g
* カルシウム:1200㎎
* カリウム:410㎎
* 鉄:9.9㎎
* ナイアシン:5.3㎎

黒ごまは血(*1)と肝(*2)と腎(*3)を補い、精を付けるとされています。
外皮の色素である黒ごまポリフェノールは抗酸化力が高く、若返りを促すと言われます。

血流の改善を促すのは、黒ごまに含まれるセサミンやビタミンE。 これは心臓の働きを助け、便秘を解消し、骨を強化し、美肌にも役立ちます。
すりごまとして使うと吸収率が良くなります。

ココ

ただしすった瞬間から酸化が始まるので、すりごまはすでにすった状態の市販のものではなく、できたら使う直前にすってほしいです!

*1 「血」とは
漢方では体は「気」「血」「津」の3つから成り立っていると考えられています。この3つのうちのひとつ「血」とは血液そのものと血液が運ぶ栄養素を指します。

*2 「肝」とは
漢方において「肝」とは西洋医学の肝臓とは作用が異なってきます。
肝は気の流れを通じて感情の調整や自律神経を司どり体全体の機能を順調に働くように調整しています。
気血を体の中から隅々まで運び、発散する力を供給する機能を担っているのが肝です。
また気の巡りを順調に保つのも肝の役目です。

*3「腎」とは
漢方で言う「腎」とは体の中でも重要な臓器のひとつです。
腎の働きは広範囲に及び、生殖や成長・発育、ホルモンの分泌、免疫系などの機能を担っています。そして体を循環する水分の代謝も行ないます。
腎の機能が衰えることは「精」が衰える事に繋がり、不妊、更年期障害、骨粗しょう症、健忘症、排尿のトラブルを始め体の他の組織にも悪影響を及ぼし免疫の低下にも繋がります。

ローズマリー

特徴 記憶力、集中力アップ

ローズマリーは記憶力と若返りのハーブとして有名です。
関節の炎症を抑えたり、血流の改善、胃腸の働きを助けるなどの効果もあります。

ジョー

ローズマリーの渋みの成分はタンニンを含んでいます。タンニンは鉄分の吸収を妨げるので、貧血気味の場合は控えた方が無難です。

パセリ

特徴 ビタミン、ミネラルの宝庫
主だった栄養成分(可食部100g中)
* ビタミンA(β-カロテン):7400㎍
* ビタミンA(レチノール活性当量):620㎍
* ビタミンC:120㎎
* ビタミンK:850㎍
* 鉄:7.5㎎

ハーブの一種であるパセリは、ビタミンの種類と量がとても多い食材です。

ココ

ミネラルも多く、特に鉄は野菜の中でも群を抜いています。

 

ジョー

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク