おせち料理を愛犬と一緒に食べてお正月をお祝いできたら素敵ですよね。
家でおせちを作るなら、同じ材料で人間用に調味料を入れる前に取り分けるだけで、簡単にわんこ用おせちが作れます。

今回ご紹介するおせち料理のタンパク質は卵とイクラ、また高野豆腐もタンパク質で、動物性、植物性双方のタンパク質が摂れます。デンプンは里芋、残りが野菜、つまりこの一食でバランスが取れるメニューになっています。
年の初めはぜひ一年元気で楽しく過ごせることを願って、わんちゃんと一緒のメニューを楽しんでみて下さい。

原材料は中型成犬10㎏ 1日2回食として、取り分けメニューですが大体一食分になります。個体差があるので調整して下さい。

スポンサーリンク

原材料

3品すべてに使う出汁
*出汁昆布、鰹 ・・・適量
*水・・・500cc

ココ

これは犬の分量です。実際作る時はこの量プラス家族分のお出汁を作ってくださいね!
たとえばぼくんちはママとパパとぼくの3人家族だから、大体500cc×3くらいのお出汁を最初に一気に作ってラクしたよ♪

高野豆腐
*高野豆腐・・・2枚(このうち犬用は半枚)
*人参 ・・・20g
*その他人間用にお好みの材料

だし巻き卵
*卵・・・3個(このうち犬用は1個分)

トッピング
*イクラ ・・・醤油漬けにする前のもの7粒
※人間用に味付けしてあるものは塩分が濃いので与えないか、与える場合はほんの少量にします。またお腹の調子が悪い子、シニア犬には与えるのは控えてください。

お煮しめ
*ごぼう・・・二切れ(約10g)
*干しシイタケ・・・一枚(戻して約10g)
*里芋・・・一個(約50g)
*その他人間用にお好みの材料

ココ

その他お煮しめの具材はもっとあるので、れんこん、人参、こんにゃく(*1)など各ご家庭で使う具材も入れて、人用に出汁で炊いたものを全体的に上の分量くらいになるように取り分ければ、それだけで犬用のお煮しめになります!
ぼくは上の材料に加えて人参とれんこんを足してもらったよ♪


ジョー

*1…ただこんにゃくは消化するのに負担になるし喉に詰まる恐れがあるから、ぼくらには与えないでね!

スポンサーリンク

下準備

*高野豆腐・・・水に漬けて戻し、カットする。
*水に昆布を漬けておく。
*干ししいたけ・・・ぬるま湯で戻しておく。戻した出汁も炊く時に使うのでとっておく。
*人参・・・5㎜の幅でスライスして型抜きで型を抜いておく。
*ごぼう・・・アク抜きをする。
*里芋・・・皮をむきカットする。
*「その他人間用に食べる分だけお好みの材料」たちをカットする。

作り方

  1. まず高野豆腐を作ります。
    水500ccに出汁昆布を入れて火にかけ沸騰直前に昆布は取り出す。
    この鍋にだし鰹を入れて1分ほど沸かして出汁をとる。(この出汁は煮しめ、だし巻き卵にも使います)
  2. 高野豆腐と人参を1の出汁100ccで煮て、人参が柔らかくなれば犬用の分量を取り出す。

    残りの高野豆腐と人参は各家庭の味の調味料を入れて飼い主用に味付けする。
  3. だし巻き卵を作ります。
    溶いた卵に1の出汁を大匙3杯入れ、先に卵一個分を犬用として焼く。
    残った卵は各ご家庭の味の調味料を足して人間用のだし巻き卵にする。(足しすぎると巻きにくくなるので注意)

    ジョー

    だし巻き卵ができたらイクラがあればトッピングします。アスタキサンチンの宝庫ですよ♪


  4. お煮しめを作ります。
    お煮しめの材料を全て鍋に入れ、1で作った残りの出汁全てと干しシイタケの戻し汁を加え、柔らかくなるまで炊く。

    犬用の具材を取り出し、残りは飼い主用に味付けする。

*与える際は愛犬の喉の大きさに合わせてカットしてあげてください。

ココ

ちなみにぼくはこの大きさ↑でちょっと食べにくかったから、途中でさらに細かく切ってもらったよ~♪

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

ぼくはこの写真を撮った後、少し大きいのはざく切りにしてもらったよ!美味しかった~!

特徴 胃を温め、むくみや冷え症を改善
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:22.3g
ビタミンB2 :0.21㎎
ビタミンB1 :0.15㎎
ビタミンD:32μg

鮭の赤い色はアスタキサンチンの色で、アスタキサンチンには高い抗酸化力があります。

ココ

特に鮭の卵にはアスタキサンチンが豊富です♪

ごぼう

特徴 食物繊維が豊富
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
食物繊維:5.7g
カルシウム :46㎎
鉄 :0.7㎎
銅:0.21㎎

ごぼうには不溶性と水溶性のふたつの食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は整腸作用があります。

ジョー

ごぼうは薬としても用いられていて、ごぼうの種は喉の病気に使われる牛蒡子(ゴボウシ)なんだって~!

 

ココ

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク