犬に与えても良いかどうか迷う食材のひとつに、乳製品があると思います。
各乳製品には特徴があり、犬にとっても魅力的です。しかし注意が必要な場合もあるので、今回はその点について見ていきます。

スポンサーリンク

牛乳

牛乳はたんぱく質やカルシウムが豊富な食材です。
体を潤す作用があり、消化吸収率が高いとされるカルシウムは骨や歯を丈夫にして、イライラを解消すると言われています。脂質や糖質をエネルギーに変えるビタミンB2も含まれています。

また牛乳のたんぱく質にはホエイプロテインが含まれています。
ホエイプロテインはグルタチオンという物質を体内で多く製造してくれますが、このグルタチオンには強肝作用があり、肝臓の働きを助けます。またグルタチオンは体に有害なアンモニアを尿酸に変え、尿として排出させます。
牛乳は栄養素だけでなく、その効用も魅力的な食材と言えます。

しかし牛乳でしばしば問題となることは、牛乳を与えると下痢を起こす犬がいるということです。

牛乳に含まれる乳糖を上手く分解できないと下痢を引き起こすのですが、子犬はこの乳糖を分解する酵素を体内で作ることができます。しかしその酵素は成長につれて減少し、成犬になってから牛乳を与えると上手く分解できないため、下痢をしてしまう子がいるのです。

加熱しても乳糖の量はほぼ変わりませんが、乳酸菌などの影響でヨーグルトやチーズに加工すると減少することが分かっています。

ココ

ちなみに牛乳を使った白身魚のチーズグラタンを食べてもぼくは平気だったよ~。うんちも元気なものを出しました!

手作り犬ご飯 白身魚のチーズグラタン レシピ

このように乳糖に対する反応は個体によって差はありますが、もし牛乳を生で与えたい時は乳糖の入っていない牛乳を与えるとより安心です。犬用のミルク、ヤギのミルクも牛乳よりも乳糖が少なく活用できます。他には温めてお腹の負担を少し減らすのも良いでしょう。

牛乳はダメと言われることもありますが、お腹が緩む可能性もある一方で体に嬉しい作用も持っています。いずれにせよ未加工の牛乳は乳糖の問題がありますので、初めて牛乳を与える時は少量から様子を見ることをおすすめします。また、続えて毎日大量に与えるのは控えたいところです。

チーズ

牛乳をベースに作られるチーズなどの加工食品にも、牛乳と同じくホエイプロテインが含まれています。
チーズは牛乳のカゼインと脂肪を原料としており、こちらは製造過程で乳糖はほとんど失われています。

チーズを好む犬は多いですが、乳糖がほぼないからといって、欲しがるだけチーズを与えるのは良くありません。チーズには加工の過程で塩分が含まれています。多少の塩分なら問題ありませんが、与えすぎは問題です。

カッテージチーズ

チーズの中でもカッテージチーズは非加熱のチーズで、消化吸収の良い良質なたんぱく質が豊富です。
カッテージチーズ100gあたりに含まれるたんぱく質は26.6gで、カロリーは通常のチーズより約3分の1と低く、塩分も脂肪分も少ないので肝臓への負担も少なくなります。

但し加熱していないためカッテージチーズは他のチーズよりも痛みが早く、封を開けたら早めに使うことをお勧めします。

ヨーグルト

牛乳には約4.5%の乳糖が含まれていますが、バターやクリームには乳糖はほとんど含まれていません。
ヨーグルトは乳酸菌の発酵により約20%の乳糖が分解されています。残り約80%は乳糖が残っている訳ですが、乳酸菌が生きているため腸の中で乳糖分解酵素が働くので、下痢を起こすことが減少されます。
ヨーグルトを使う場合は生の乳酸菌があるものを選ぶと良いでしょう。また、香料など余計な添加物が入っていないことも重要です。

最後に、どんな食材でも言えることですがアレルギーなどのリスクも考え、初めて食べるものはまず少量与えて様子を見ます。
愛犬の反応や体調、そして便の状態のチェックは欠かさず、大丈夫そうなら徐々に与える量を増やしていって大丈夫でしょう。

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク