飼い主さんの多くは、愛犬の病気の予防にも力を注がれているのではないでしょうか。

犬の病気も様々ありますが、お散歩中にダニがついてくることがあります。
その中でもマダニに噛まれると、犬バべシアやライム病という病気に罹る事があります。犬バべシアは重症だと急死することもある病気です。

また、ノミがうつる事もあります。
トリミングサロンを利用すればいつでも気軽にキレイにしていられますが、それでも野良猫などからうつる場合も結構あるようです。

今回はどこの動物病院でも勧められるノミ・ダニ用の駆虫薬について簡単に見ていきます。

駆虫薬について

駆虫薬は成虫のノミ、ダニを殺すだけでなく、ノミの卵や羽化、成虫になる発育を阻止するものまで出ています。
後発のジェネリック薬も出てきていますね。飲み薬ではなく皮膚に直接塗布するタイプの薬です。液体で犬の肩甲骨の部分の皮膚に液体の薬を垂らすものや、スプレータイプのものもあります。

薬の効果はダニにはおよそ一か月、ノミなら一か月半から2か月程持続します。一度塗布すれば24時間で犬の皮膚の下、脂肪にまで全身に行き渡ります。

駆虫薬はノミ、ダニがついてしまった時に威力を発揮しますが、予防的に使われる方も多いようです。ホームセンターでも容易に手に入れられますし、毎月一回と決めてきっちり使われている方もいらっしゃるでしょう。
では、その駆虫薬の有効成分はどういったものでしょうか。

スポンサーリンク

有効成分に危険はないのか?駆虫薬のリスク

ノミ・ダニの駆虫薬の一番の有効成分はフィプロニルという駆虫剤です。
フィプロニルはフェニルピラゾール系の殺虫剤で、浸透性農薬のひとつです。ペットのノミ、ダニを始め、シロアリの駆除、ゴキブリにも効果があります。

この農薬で問題となるのは神経毒性があることでしょう。神経毒性は昆虫の神経系のアセチルコリン受容体に結びついて、神経を刺激し正常な働きを攪乱します。

このような作用を持つものを、大切な愛犬に使っても大丈夫なのでしょうか?
調べてみたところ、駆虫薬による事故が多数載っていました。

 

農水省動物医薬品検査所 副作用情報データベース

 

嘔吐や流涙、ふらつき、心速拍など、様々な症状があることがわかります。
データベース検索の主成分のところにフィプロニルと入力し、出てきた詳細をクリックすると副作用が多数記載されています。

 

シロアリ駆除にも使われ、ゴキブリの殺虫剤でもあり、神経の働きを攪乱するフィプロニルの入った駆虫薬。それを毎月予防の為に使うのは得策なのでしょうか?リスクの有無も考えた方が良いかもしれません。

天然アロマで安全な虫除け対策

もしも都会で普通に犬を飼っていたら、自然豊かな地域に住むわんちゃんよりも、ノミやダニがつく可能性は低いと言えるのではないでしょうか。
万が一ノミやダニがついてしまった場合にだけ薬を使うとか、野山に愛犬を連れて行く時は、虫が嫌う天然100%のアロマオイルのスプレー等で予防するという方法もあります。

虫の嫌うアロマはシトロネラ、ユーカリ、レモングラス、ゼラニウム、ティーツリー、ペパーミントなどです。単品でもブレンドでも使えます。こういったものも虫除けとして力を発揮してくれます。

アロマで対策する場合は、愛犬の健康のためにも100%天然のアロマオイルを使用することをおすすめします。(合成香料が入っているものは避けましょう)

また、天然のアロマは作用が強く出る場合もあるため、効果や毒性も事前に調べておくとより効果的です。

虫除けスプレーの作り方

虫除けとして使う際はアロマオイルだけでは濃すぎるため希釈します。
そしてスプレーボトルに水50mlと、上記のアロマオイルを10滴入れて振るだけです。使うたびに良く振ってスプレーして下さい。

もっと丁寧に作るなら、無水エタノール5mlにアロマオイル10滴を入れて混ぜ合わせた後、水を45ml入れて混ぜれば完全にアロマオイルが水に混ざります。
愛犬のためにも体に優しい虫よけを実践してあげたいですね。

スポンサーリンク