近年ネットなどで簡単に様々な動物の生肉が手に入るようになりました。生肉を愛犬に与える愛犬家が増えていると聞きます。生肉には酵素が含まれており、そのために与えるという人が多いようです。

簡単に言うと酵素とは新鮮な生の食べ物などに含まれるもので、栄養素とは違いますが生きていく上で必要不可欠なものとなっています。

酵素について詳しくはこちら*酵素は生きるために必須!犬の手作り食に簡単酵素トッピング

犬も人間も、体の中の酵素が0になった瞬間死に至ります。
だから酵素を補うために生の肉や魚を食べようということになるのですが、それにはリスクも伴います。どういうことか、今回は生肉、生魚について見ていきます。

スポンサーリンク

生肉のメリットとデメリット

犬にとってナチュラルで理想的な食事は、げっ歯類などの小動物を丸ごと食べることです。
詳しくはこちら*犬の歴史から見る理想的な食事とは

生肉で育った犬と加熱した肉で育った犬とでは、生肉で育った犬の方が良好な生育状態を示します。これは犬の消化器官が生肉をよく消化するようにできているためです。

しかしながら生肉やジビエには時に寄生虫や病原菌、感染症の危険性も潜んでいます。


参考 食品衛生学 (栄養科学イラストレイテッド)

生のイノシシやシカ肉を食した際のE型肝炎、生の豚肉などによるトリヒナ症が有名ですが、他にもさまざまな感染症があります。これらは野生動物、家畜、飼い犬、そして人にも感染します。

生肉、生魚の寄生虫について

生肉や生魚に潜む寄生虫による食中毒は世界中で発生しています。

寄生虫は加熱に弱く、食材をしっかり中まで火を通せば寄生虫、その虫卵、原虫は死滅します。しかし加熱すると生食ではなくなるので、その場合どうするかと言うと冷凍処理が一般的です。

何度でどの程度の時間冷凍すれば寄生虫は死滅するのでしょうか。
それは寄生虫によってさまざまなので、一概にこうと言えるものではありません。

例えば妊娠期間中に感染すると子供に重大な影響があるトキソプラズマ(豚、羊、ヤギ、ヤギの生乳など)は-12度の凍結が必要とされていますが、トリヒナ(ブタ、馬、クマなどのジビエ肉)は冷凍しても死滅しません。

 


参考 内閣府 食品安全委員会 

 

東京都食品環境指導センターによると、2ヶ月以上冷凍してもトリヒナ感染者が出たという情報もあります。東京都食品環境指導センターは野獣肉や馬肉は冷凍物でも必ず加熱調理するようにと注意喚起しています。(東京都食品環境指導センターはリンク不可なので転載は控えさせていただきます)

もちろんこれは人間に対する場合なので、犬ではどうなのでしょうか。
対犬に関する情報は探しても探しても資料が見つからないので、犬用の生肉を販売するある企業に問い合わせてみることにしました。

スポンサーリンク

犬用の生肉を販売する企業に問い合わせてみた

ちなみにブログ管理人は過去に愛犬に生肉を与えたことがあり、(詳しくは記事最後に書かせていただいています)問い合わせた先はその時生肉を購入させていただいたお店です。ヒューマングレードを謳っています。

グリーントライプなども購入したので、エキノコックスが気になりそのことについてお聞きしました。

生肉でエキノコックスに感染する?

以下は頂いた返信内容です。

 

「エキノコックスに感染しているキツネなどの糞便内の虫卵を経口摂取することで感染する病気です。感染するとなると肝臓にしか存在しませんので、肉に寄生することはありません。」

 

エキノコックスは肉に寄生することはないと指摘する大学教授も確かに居ますし、公益社団法人中央畜産会によると「生の内臓は犬には給餌しない」ことで感染をコントロールできた地域もあるそうです。


参考 公益社団法人中央畜産会

一方で肝臓、肺、脳、筋、骨などあらゆる場所に寄生し、10年前後潜伏すると書かれている専門書もあります。


参考 食品衛生学 (栄養科学イラストレイテッド)

 

返事は続きます。

 

「当店で扱う肉・内臓全ての商品は○○市役所が運営する食肉加工所にて電解水で洗浄除菌した後に-30℃で冷凍しております。感染する要素の物は死滅すると考えております。」

(中略)

「肉にエキノコックスは寄生いたしません。
よく生だと心配と言う方がいますが人間と同じ感覚で犬を見てはいけないと思っています。
骨をも溶かす強酸の胃酸を持っています。
強酸とは強い殺菌能力があります。」

 

確かに犬が骨を食べても、そのまま便で出てくるようなことはあまりありません。(量の程度にもよりますが)
しかし胃酸に殺菌力があっても経口感染した場合、人も犬もエキノコックス症になります。その点に関しては胃酸に殺菌効果があっても意味はありません。

なお、頂戴したメールの最後は

 

「私の犬は生肉だけを食べて4年になります。
他の食べ物は一切与えていません。
これを聞いても心配であればお辞めください。」

 

という言葉で締めくくられていました。
しかし人に対するエキノコックスの潜伏期間は数年から十年以上と長いのが特徴です。今までは北海道のキタキツネや野犬などの感染が確認されていましたが、愛知県の知多半島でも感染が確認されています。

エキノコックスは犬よりも人の感染が怖いのです。
4年では改めて検査を受けなければ、人が感染したかどうかは判断に難しいでしょう。10年経たなければわからないというのなら、あえて生肉を愛犬に与えることもないという見方もできると思いました。

エキノコックス症について

話が出たついでに記述しておきます。
生肉と言うとエキノコックスを心配される方がかなり多いようですが(管理人もそうでした)、エキノコックスの怖さは既述のように人に感染した時にあります。

厚生労働省によると、犬に関しては「見るべき病害を引き起こすことはない」としていますが、人は感染すると「5~20年後に極めて重篤な障害を引き起こす」となっています。

参考 厚生労働省 犬のエキノコックス症

犬がエキノコックス症にかかっても(下痢などで発覚することもありますが)通常は症状がないため感染に気付かないことが多いとされ、一方人は多包虫症の場合は悪性度が高く、適切な治療がなされなければ死亡率が90%を超えます。

犬はエキノコックスに侵された肉の捕食により感染し、その虫卵が便とともに排泄されます。人はその虫卵を経口摂取することで感染します。
※ 多包条虫の虫卵が糞便からどのように拡散するかについてはわかっていませんが、犬が自身のあるいは感染した犬の肛門周辺を舐めたりしてそのまま毛繕いをするなどで広がるなどと予想されています。

 

問題は生肉にエキノコックスが感染しているのかどうかということです。

厚生労働省によると犬がエキノコックスに感染するには感染した野ネズミを捕食する必要があるとしています。ネズミが居る地域ではもちろん注意が必要ですが、感染ネズミを食べたかどうかわからない動物の生肉は避けた方が賢明かもしれません。

生肉として販売されているお肉の飼育状況は野ネズミの入り込むスキはなかったか、野生の肉ならば生育していた地域の寄生虫の分布はどうだったかなど…調べようがないかもしれませんが、このようなことも気にした方が良いかもしれないことを知っていて損はないと思います。

何を選ぶかは飼い主次第ですね。

 

また、人やペットの感染の予防策としては、流行地での虫卵に汚染されている可能性のある水を飲用を避ける、その地での山菜などの摂取を避けることが重要です。

参考 国立感染症研究所 エキノコックス症とは

スポンサーリンク

グリーントライプについて

ちまたで噂のグリーントライプです。

これについても先ほどの企業さんに質問しており、

 

「グリーントライプは生で与えなければ意味がありません。
グリーントライプに含まれる、消化液、微生物などが消化を助ける効果があります。」

 

とお返事をいただきました。
また、当ブログの監修を務めていただいている動物関連専門学校講師花崎先生にもグリーントライプについてお聞きしましたのでまとめておきます。

グリーントライプの注意点

生で食べることを考えた場合、まずそのグリーントライプの元となる牛や羊の生育環境がどのような状態であるかを調べる事と、グリーントライプの中にある飼料となる植物の安全性を把握すべきとのことでした。

まずは家畜の飼料がNON-GMであるかどうかです。遺伝子組み換えの飼料を使っているものは避けます。その上で飼料に農薬や殺菌剤等が使われていない事も重要です。
そして家畜の育成中に抗生物質やホルモン剤等の薬を使われていない事も確認したいところです。

これらをしっかり調べた上で、与えるべきか飼い主自身で判断すべきということでした。
(現時点では特にグリーントライプを勧める理由はなく、寄生虫もいない鮮度の良いささみなどは生でも良いと言われました)
アメリカの獣医師であるブルース・フォーグル博士も現時点で生食を勧める理由は特にはありませんと主張しています。

生魚について

生の魚も酵素を持っています。

しかし魚の場合目視で取り除ける寄生虫は取り除き、ビタミンB1分解酵素(チアミナーゼまたはアノイリナーゼ)が含まれる魚(下記参照)は生で与えないようにします。続けて生で食べさせるとビタミンB1欠乏症を起こすからです。

ビタミンB1分解酵素が含まれる魚
マス、タラ、ニシン、ヒラメ、ボラ、カマス、シシャモ、キビナゴ、鯉、鮒、金魚など
※但しこれらの魚は加熱調理することでチアミナーゼは破壊され欠乏症を起こすことはありません。

ちなみにチアミナーゼがない魚はスズキ、ウナギ、ドジョウ、ナマズなどです。

 

さて、ビタミンB1は糖質を代謝する時に使われる大切な栄養素です。ビタミンB1欠乏症では末梢神経や中枢神経に症状が現れます。

主な症状としては、倦怠感、動悸、むくみやしびれ、筋力低下、心臓疾患、眼球運動麻痺、歩行運動の失調などがあります。
生の魚の切り身を与える場合は、菌がついていることを想定し、切り身を熱湯にくぐらせた後に氷水で冷まし殺菌することをおすすめします。

また、よく聞く魚介類に寄生するアニサキスは、48時間以上-20度で冷凍すれば死滅すると言われています。

一般的に魚介類の冷凍食品は-50度以下で急速冷凍して市場に出回るので、人が食べる冷凍魚貝類の寄生虫に関しては問題がないとされています。(家庭用冷蔵庫は温度が高いためこの限りではありません)

スポンサーリンク

愛犬に生肉を与えてみた

ブログ管理人は生肉について興味があり、生肉セミナーが開かれると犬友さんに聞いてついて行ったこともあります。その犬友さんは管理人より先に生肉を始めており、毛づやが本当に変わったとお喜びで、私も愛犬に生肉を与えたらどう変わるのかと期待もしました。
講師の方はご自身の数十匹(!)の愛犬に生肉しか与えていないけどみんな健康的だと仰っていました。

その話を聞いてさっそく然るべき場所で生肉を購入、約3か月にわたり普段の加熱ご飯に混ぜて与えてみましたが、話に聞いていた毛ヅヤは特に変化はありませんでした。

一方お腹が緩くなることが増えてそれは好転反応かとも思いましたが、生肉にするメリットがこれと言ってないことに気付き、与えないか、ごくたまに気まぐれでトッピングする程度で良いかもと思い直すようになりました。
そして今のところは生肉は与えないようにしています。

生肉を与えた結果、素直な感想

私が実際に愛犬に生肉を与えて感じた、素直な感想をまとめました。

 

*****

「生肉を与えると毛ヅヤが良くなる」について

特に変化が見られない。生後9週で手作り食に切り替えて以来ずっと手作り犬ご飯で育ってきたためか、元々毛ヅヤは良い方だと思う。よほどのことがない限りこれ以上良くなることはないのではないだろうか。

「生肉を与えると健康になる」について

便が緩くなり、便の不調が出始めた。(個体差があると思われます)生肉を食べたことによる好転反応かと思ったが、3ヶ月ほど経ってもなかなか便は戻らず。生肉をストップすると元のようなきれいな便に。因果関係はわからずだが、その他体調に変化は見られず。(ずっと元気な状態)
よく考えれば元々健康なのでさらなる健康への変化がないのは当然かもしれない。

「生肉で酵素を摂れる」について

生野菜や果物や発酵食品からでも摂れる。生肉で補っても生野菜などで補っても酵素は酵素、効果は同じなのではないか。

犬の本来の自然な食事は生肉である説について

犬はペットであり野生ではない。個人的にはペットには野性的に暮らしてもらうよりも、健康に楽しく長生きしてほしいと願っている。
健康に長生きしてもらうのがペットの一生の最終目的と考えるなら、加熱食でも実現可能であると証明してくれた犬もいる。(詳しくははじめにをご覧ください)
また「楽しく」という点に関して、食の喜びは加熱食でも与えることは十分可能である。

*****

 

以上ですが、このような結論になりました。
既述の通り生肉には寄生虫の不安は100%は拭いきれないと思っているので、そのリスクを抱えるくらいならお肉は加熱したものだけでも良いかなと個人的には思っています。

加熱ご飯に戻った愛犬の普段の食事。すり下ろした生の人参、刻んだ生の葉野菜などで酵素補給。

この結論に至るまでに色々調べていた時、こんな記事も見つけました。
「市販の生肉製品の中には驚くほどの細菌と寄生虫が見つかり、ペットと飼い主の双方への潜在的な健康リスクをもたらすことが判明」と書かれています。

GIZMODO
「ペットに生肉を食べさせちゃダメです」獣医学者たちが過去の研究から明らかと警告

元の情報がワシントンポスト紙のようですが、英文を読めないため元の情報もわかりません。また海外での話ですから日本とは事情が違うと思います。
でも「愛犬や愛猫のエサに生肉を考えている人は問題点を把握しておいたほうがよさそう」というまとめには共感しました。

スポンサーリンク

まとめ

生食の手作りご飯で健康を取り戻した犬の話はよく耳にします。酵素を食事にプラスすることは有用だと考えられます。

もしも生で肉か魚を与えるなら、人が生で食べる新鮮な鶏のささみや魚の刺身などが安全だと思います。(※魚の刺身は、表面を殺菌するために軽く熱湯にくぐらせることをおすすめします)

しかしやはり生肉、生魚を与えることに不安を感じる人も多いでしょう。その場合は生の野菜や果物、発酵食品から酵素を摂り入れると良いと思います。管理人はそのようにしています。

関連記事*酵素は生きるために必須!犬の手作り食に簡単酵素トッピング

注意したいのは、「生で食べても大丈夫なお肉ならお腹を下すことは全くない」というわけではないということです。
特にこれまでドッグフードしか食べたことがない場合、突然体内に入ってきた生肉の酵素、栄養素に体が驚いて好転反応を示す可能性も十分あります。

関連記事*好転反応とは?手作り犬ご飯に変えて愛犬の体調が悪くなったら

少量ずつ慣らしていく、体調が優れないときは控えめにするなど、与える場合は犬自身が慣れるまで様子を見ながら食べさせた方が良さそうです。

一歩引いてブームを観察するということ

犬に生肉を与えるというのは近年急速に発展してきたブームであり、市場だと思います。
昔の犬は人間の残り物を食べていたわけなので刺身や生肉を口にすることもあったと思いますが、それはペットに対する意識も低く、ペット市場も非常に狭かった時代の話です。

ペットの幸せと健康を十分に考える余裕のある現代では、新しい食生活についてはもう少し慎重になっても良いのではと個人的には思います。

生肉を愛犬に与えていた時の管理人のように、危険があるものなら出回るはずがない、獣医師が推奨するはずがない(生肉を推奨する獣医師も居ます)という意見も出そうですが、出始めた分野のものに関しては国の規制は追いつかず、問題が出てから規制されたり研究が進んだりするのが世の常です。
人間用の鹿や豚の生食の対応についてもそうでしたね。

参考 厚生労働省 豚の食肉等に係る規格基準の設定について

「問題が出たからやめる」のでは取り返しのつかない場合も実際あります。
アスベストで肺がんになったり、子宮頸がんワクチンの副作用による歩行困難や記憶障害などの問題はまさにそれです。
これらの被害は、事前にリスクを知っていたら避けられたことかもしれません。

 

生肉を与えるというブームはまだまだ始まったばかりで情報も少ないです。
生食による犬の感染症への統計なども出ていません。ブームになって日は浅く、話の多くが推測の域とも言えるような状況です。
白黒ハッキリ、良いとも悪いとも言えないのが現実だと思います。

「ブームに乗るか、少し様子を見るかは飼い主のさじ加減である」という言葉でこの記事を終わりにしようと思います。

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです。

参考図書
食品衛生学 (栄養科学イラストレイテッド)
コアカリ野生動物学
動物看護のための小動物栄養学 (動物看護学全書 (08))阿部又信先生 日本小動物獣医師会 動物看護士委員会(監修)

※この記事はペット用生肉業を批判するものではありません。

スポンサーリンク