具だくさんのスープは色々な栄養を摂ることができる上に食べやすいのも特徴です。
今回は免疫を上げて疲労回復にも一役買う食材を集めてミネストローネにしました。栄養バランスもとても良い一品です^^

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として二食分 *個体差があるので調整して下さい)

*かぼちゃ・・・25g×2
*人参・・・15g×2
*オリーブオイル・・・少々
*セロリ・・・7g×2(葉っぱも含む) (農薬が使われている場合が多い野菜です。一度農薬を取り除いてからの使用をお勧めします。農薬除去については下記をご参考ください)
*トマト・・・1/4個(約35g)×2
*キャベツ・・・12g×2
*ミックスビーンズ・・・25g×2
*豚肉・・60g×2
*水・・・100cc×2
*ごはん・・・約40g×2

【簡単な農薬除去法】

大きめのボールに約1ℓの水にを入れて、カレースプーン一杯ほどの重曹を溶かす。ここに野菜を30秒~1分ほど漬ける。その後は軽く水洗いする。(1分以上置いておくと野菜の栄養素が失われていくので注意)

スポンサーリンク

下準備

*かぼちゃ、にんじん、セロリ・・・薄切り
*トマト、キャベツ・・・ざく切り
*ミックスビーンズ・・・粗みじん切り
*豚肉・・・一口大

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

作り方

  1. 鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、かぼちゃ、人参を炒める。
  2. 水を加えて沸かし、セロリ、トマト、キャベツ、ミックスビーンズ、豚肉を入れて柔らかく煮る。セロリの葉は少しだけ取っておいて下さい。
  3. 最後に刻んだセロリの葉を乗せて完成。ご飯と一緒にどうぞ。
    (今回は2食分作ったので、食べる時は炊いたご飯をフードボールに入れてその上にミネストローネを半分入れてあげてください)

*与える時は人肌に冷ましてください。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

ぼくは大型犬だからこれくらいの具材の大きさでも美味しく食べたよ!

豚肉

特徴 腎を養って精力を高める
特徴的な栄養成分(可食部100g中・かた脂身部分)
たんぱく質:18.5g
脂質:14.6g
鉄:0.5㎎
ビタミンB1:0.66㎎
ビタミンB2:0.23㎎

豚肉には牛肉の数倍もビタミンB1が含まれています。
ビタミンB1は免疫細胞を活性化するだけでなく、糖質の代謝にも欠かせない栄養素です。
またビタミンB1は疲労回復にも効果的な食材です。

ココ

豚肉はカロリーが高いと思われがちですが、ヒレ肉やモモ肉などの赤身は鶏肉よりも脂肪分が少ないから実はヘルシーなんですよ♪

注:ビタミンB1は加熱し過ぎると壊れてしまうので、加熱時間には十分注意してください。

トマト

特徴 胃を健康にして消化を助ける
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:0.7g
カリウム:210㎎
ビタミンC:15㎎
ビタミンA(β-カロテン):540㎍

トマトは胃の働きを正常にして消化を助ける食材です。
解毒作用も強く、肝臓の働きを助けます。

ジョー

赤の色素のリコピンは抗酸化作用が高く、癌や動脈硬化を予防すると言われています♪

注:きゅうりはビタミンCを壊す作用があります。トマトと一緒に使う際はお酢も一緒に使うようにするとその作用が弱まります。

人参

特徴 豊富なベータカロテン。抗酸化作用。
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
カリウム:280㎎
カルシウム:28㎎
ビタミンA(β-カロテン):9100㎍
ビタミンA(レチノール当量):760㎍

人参は血を養い(*1)、肝(*2)の働きを正常にします。
目の疲れや視力にも良く、夜盲症の予防にも効果的です。
脾(*3)の働きも高め、食欲不振や便秘、下痢にも有効とされています。

ココ

豊富なベータカロテンは抗酸化作用が高く、免疫アップ、がんの予防や抗老化にも効果を期待できます!

*1 「血を養う」とは
血液を増やし、必要な栄養素を体のすみずみまで運び正常な働きをするという意味合いを含めた漢方の言葉です。

*2 「肝」とは
漢方において「肝」とは西洋医学の肝臓とは作用が異なります。
肝は気の流れを通じて感情の調整や自律神経を司どり、体全体の機能が順調に働くように調整しています。
気や血を体の中から隅々まで運び、発散する力を供給する機能を担っているのが肝です。
また気の巡りを順調に保つのも肝の役目です。

*3 「脾」とは
漢方で言う「脾」の役割は体の臓器の「脾臓」とは少し異なり、単に消化吸収だけでなく、体に取り込まれた栄養を全身に供給する働きを担っています。
この栄養素は酸素と結合して「気」となり、心、肺、肝、腎の総合的な共同作業で「気」が全身に配られます。
「血」を作る働きや、体内の水分の吸収と排泄の促進も行っており、つまり「脾」 は「気、血、津」全ての補給や運行に欠かせないものなのです。

セロリ

特徴 ストレスの緩和、高血圧予防、排尿促進など
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
食物繊維:1.5g
カリウム:410㎎
ビタミンC:7㎎
ビタミンA(β-カロテン):44㎍

各種ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいる セロリは体の熱を取り、頭に上った「気」を降ろし(*4)ます。
ストレスからの血圧上昇、頭痛、不眠にも効果的です。不安や緊張緩和にも役立ちます。
今回は栄養分が多く含まれる葉の部分も使用しました。
注:食物繊維が多いため、過食は下痢の原因となります。胃腸が弱い場合は量を調整しましょう。

ジョー

カリウムも多く含まれるので体内の水分量を調整し排尿を促してくれるんですよ〜

*4 「気を降ろす」とは
体を正常に動かしているエネルギーが体の上の方に滞っており、上手く体全体に巡っていない状態の事を気が昇ると言い、体の上の方に滞っているので症状としては頭痛や眼精疲労、イライラなどがあげられます。
「気を降ろす」とはこういった上の方の溜まったエネルギーを体全体に巡るようにすることで、昇るの反対の言葉です。

ココ

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

スポンサーリンク