たんぱく質の多い今回のメニューは疲労回復におすすめのメニューです。
お散歩でしっかりめに歩いたり、走った後にぜひどうぞ。
アジリティーやフリスビードッグ等のドッグスポーツを楽しんだ後にもおすすめの、運動後に必要なたんぱく質が多めの一品です。

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として一食分 *個体差があるので調整して下さい)

*マカロニ・・・20g(茹でると50~60gになります)
*コーン・・・20g
*パプリカ(赤)・・・15g(栄養素の豊富なパプリカですが農薬には注意が必要です。簡単な農薬除去については下記をご参考ください)
*マッシュルーム・・・20g
*ほうれん草・・・15g
*薄力粉・・・小2
*バター(無塩)・・・5g
*牛乳・・・100cc
*ナチュラルチーズ(ゴーダチーズ)・・・10g

【簡単な農薬除去法】

大きめのボールに約1ℓの水にを入れて、カレースプーン一杯ほどの重曹を溶かす。ここに野菜を1分ほど漬ける。その後は軽く水洗いする。(1分以上置いておくと野菜の栄養素が失われていくので注意)

スポンサーリンク

下準備

*マカロニ・・・茹でておく。
*コーン、パプリカ、マッシュルーム・・・粗みじん切り
*ほうれん草・・・固ゆでにしてカットしておく。
*チーズ・・・細かくしておくと溶けやすい。
*オーブン・・・180度で温めておく。

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

作り方

  1. 鍋にバターを入れ火にかけて、バターが溶けたら火を切り数回に分けて少しずつ薄力粉を溶かし入れる。
  2. 薄力粉が全部混ざったらごく弱火にして牛乳を数回に分けて入れる。最後にナチュラルチーズを入れて混ぜる。
  3. 2にマカロニ、コーン、パプリカ、マッシュルーム、ほうれん草を入れて混ぜ合わせ、グラタン皿に移しオーブントースターで焼き色が付く程度に焼けば完成。

*与える時は人肌に冷ましてください。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

とっても良い香り!チーズは犬の大好きな匂いで食欲もUP。元気が出るメニューだね!

牛乳

特徴 体を潤す。カルシウムが多い。
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:3.3g
カルシウム:110㎎
ビタミンB2:0.15㎎

カルシウムが豊富にあり、消化吸収率も高い牛乳は骨や歯にとても良い食材です。
また糖質と脂質をエネルギーに変えるビタミンB2も含まれています。

ココ

精神を安定させる働きも持ち合わせてるんだって〜

牛乳は犬は摂ってはいけないと言われることもありますが、それについてはこちらの記事で書かせていただいています。
牛乳、チーズ、ヨーグルト…犬に乳製品を与えて良いの?

 

また使用する牛乳は安全性を考え、低温殺菌のものを選ぶのが好ましいです。
大抵の牛乳が120度か130度で2秒殺菌されたものですが、65度30分のような殺菌方法のものは、高温殺菌をしなくても元から安全な牛乳ということでおすすめです。


タカナシ 低温殺菌牛乳

ゴーダチーズ

特徴 良質なたんぱく質
特徴的な栄養成分(100gあたり)
たんぱく質:25.8g
脂質:29.0g
ナトリウム:800㎎
カルシウム:680㎎
ビタミンB2 :0.33㎎

牛乳をベースに作られるチーズなどの加工食品のたんぱく質は、ホエイプロテインで消化吸収に優れ、肝臓にも優しい質の良いたんぱく質です。
チーズには水分補給の働きがあり、肺や皮膚や腸を潤します。

ジョー

細胞の活性化をはかり粘膜にも良いビタミンB2も豊富ですよ♪

ほうれん草

特徴 貧血予防、風邪、便秘予防。
特徴的な栄養成分(可食部100g中 )
* カルシウム:49㎎
* ビタミンC:35㎎
*鉄:2㎎
* ビタミンA(β-カロテン) :4200㎍

ほうれん草は五臓(*1)の働きを助け、血の巡りを良くする食材です。
豊富な鉄分は貧血の予防に役立ち、ベータカロテンは抗酸化作用もありビタミンCも多いので風邪などの予防にもなります。
根元の赤い部分には骨の形成を助けるマンガンが多く含まれています。

ココ

腸を潤すので便通を良くする働きもありますよ〜

注:ほうれん草と豆腐の組み合わせは結石が出来る可能性があると言われています。
また栄養価が高いのですが、化学肥料を多く使うとシュウ酸が多くなりがちです。出来るだけ農薬の少ないものを選ぶようにしましょう。(無農薬や低農薬野菜を扱うスーパーなども最近は増えてきているようです)

*1「五臓」とは
五臓とは、肝、心、脾、肺、腎を指し、六腑とは、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦(体内の空間)を指します。
五臓は栄養を蓄えて使い、六腑は口から入ったものを仕分けて五臓に送り、不要となったものを体の外に排出する働きを持っています。

 

ジョー

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク