皮膚トラブルは改善に時間がかかることも多々ありますが、強い体作りのためにも食事内容をしっかり見直したいですね。
今回はコラーゲンの多い手羽中を使ったメニューです。

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として一食分 *個体差があるので調整して下さい)

*手羽中・・・骨付きで120g
*木綿豆腐・・・1/4丁
*小松菜・・・20g
*しめじ・・・10g
*かぼちゃ・・・60g
*水・・・200cc

スポンサーリンク

下準備

*木綿豆腐、小松菜、しめじ・・・一口大に切る

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

作り方

  1. 手羽中は水を入れた圧力釜で5~10分圧をかける。
  2. 1が減圧したら手羽中だけを取り出し骨を抜き取る。
  3. 2でできたスープに木綿豆腐、小松菜、しめじを入れ火にかける。
  4. 3に火が通ったら手羽中を戻して出来上がり。

*与える時は人肌に冷ましてください。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

ぼくは大型犬だからこれくらいの具材の大きさでも美味しく食べたよ!

鶏肉(成鶏肉胸肉皮つき)

特徴 コラーゲンが豊富。
特徴的な栄養成分(可食部100g中 )
* たんぱく質:19.5g
* 脂質:17.2g
* ビタミンB:0.08㎎

脾と胃(*1)の働きを助ける鶏肉は疲労回復に優れた食材です。
また加齢による皮膚トラブルにはうってつけの食材で、特に皮の部分はコラーゲンが豊富です。コラーゲンは髪や肌の潤いを持たせ、骨の老化防止や目の機能をアップします。
鶏肉のたんぱく質にあるメチオニンには、脂肪肝を予防する働きもあります。

ココ

コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ることでより効果を発揮するので、ビタミンCの多い野菜などと一緒に摂るのがおすすめです♪

*1 「脾」と「胃」
漢方で言う「脾」は全ての補給や運行に欠かせないもとなっており、食べ物や飲み物から栄養を吸収し、「気」となって全身に運ばれ、「胃」によって食べたものを下に下ろします。この二つがうまく働くことで食べ物は美味しく上手く消化できると考えられています。

 

ジョー

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク