水分量を多めにし、とうもろこしをメインにしたスープです。とうもろこしはむくみを解消する作用、そして皮の部分の食物繊維には便通促進作用があります。トッピングの大根おろしも消化酵素の豊富な食材です。

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として一食分 *個体差があるので調整して下さい)

*鶏むね肉・・・100g
*とうもろこし(またはコーン缶) ・・・60g
*大根・・・30g
*豆乳・・・80cc
*水・・・40cc
*パセリ・・・少々

スポンサーリンク

下準備

●具材のカット
*鶏むね肉・・・一口大
*とうもろこし・・・ミキサーやブレンダーで細かくする

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

作り方

  1. とうもろこしと水を鍋に入れ沸騰させる。
  2. 1が沸騰したら鶏むね肉を加え、火を通す。
  3. 2に火が通ったら豆乳を加え、ひと煮立ちさせたら火を止める。
  4. 人肌に冷めたら器に入れて、大根おろしを乗せて刻んだパセリ(乾燥パセリでも)をトッピングしたら完成。

*与える時は人肌に冷ましてください。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

ぼくは大型犬だからこれくらいの具材の大きさでも美味しく食べたよ!スープの中だからちょっと見にくいけど…お肉がゴロっとしてるんだ♪

とうもろこし

特徴 むくみと便秘解消に
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
* 炭水化物:16.8g
* たんぱく質:3.6g
* 食物繊維:3g
* カリウム:290㎎
* ビタミンC:8㎎
* ビタミンB1:0.15㎎

とうもろこしには余分な水分を排出し、胃の働きを良くする作用があります。

ココ

炭水化物はじめ、たんぱく質や食物繊維とミネラルなどもバランス良く含まれてるんだって!

特にとうもろこしの皮の部分の食物繊維(セルロース)は便通促進作用と解毒作用があり、便秘にはとても有効な食材と言えるでしょう。

ジョー

でも食物繊維が多く消化が悪いので、食べすぎないようにしようね♪

大根の酵素について

大根にはカリウムやカルシウムなどの栄養素も多く含まれており、体内の余分な熱をとったり、咳、痰の改善などの効果もありますが、最大の特徴は消化酵素が多いところかも知れません。

大根は3種類もの消化酵素を含んでいます。 アミラーゼ(デンプン分解酵素)、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、リパーゼ(脂肪分解酵素)の3つです。

ジョー

でもこれら酵素は熱に弱いのでなるべく生で摂りたいところですね。

大根おろしにすればみじん切りよりも細かで更に消化に良いでしょう。
また大根はすりおろすことで「イソチオシアネート」という物質が生まれます。イソチオシアネートには解毒や殺菌作用、がん予防、血栓予防、抗酸化作用があると言われています。

ココ

すりおろしてから時間が経つとイソチオシアネートが減っていくと言われているので、与える直前にすりおろしてトッピングするのが理想的です♪

ジョー

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク