肝臓は生きていくために欠かせない臓器です。
今回は肝臓の負担になりにくい食材を使った犬用グラタンレシピのご紹介です。

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として一食分 *個体差があるので調整して下さい)

*たら・・・80g
*パスタまたはマカロニ・・20g(茹でたものは50~60g)
*パプリカ・・・10g
*アスパラガス1本・・・25g
*トマト・・・25g
*ホワイトソース・・・50g
*とろけるチーズ少々

犬用ホワイトソースの作り方
牛乳、チーズ、ヨーグルト…犬に乳製品を与えて良いの?

スポンサーリンク

下準備

●茹で
アスパラ、パスタを茹でておく。
パスタは人間用より柔らかくなるようにしっかり茹でておく。

●具材のカット
*たら・・・一口大(大きくカットしすぎると火が通りにくいので注意)
*アスパラ(茹でたもの)、トマト、パプリカ・・・少し細かめにカット

*喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

作り方

 

  1. グラタン皿にパスタを入れ、トマト、パプリカ、アスパラを散らす。
  2. たらを乗せ、ホワイトソースをかけてチーズを散らす。

  3. 180度に熱したオーブンでチーズに焼き目が付くまで焼く。(約20分)人肌に冷まして完成。

 

スポンサーリンク

レシピメモ

たら

特徴 胃腸の働きを助ける。腎臓にも良い
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:17.6㎎
カリウム:350㎎
カルシウム:32㎎
ビタミンB12:1.3㎍
ビタミンD:1.0㎍

今回のメインの食材、たら。たらは気と血を補う食材です。(*1)息切れ、動悸、めまい、疲れなどを改善します。
栄養豊富で低カロリーの食材です。
肝機能の働きを良くするタウリンやグルタチオンが豊富です。

ジョー

良質なたんぱく質が豊富でカロリーは低いので肝臓にお勧めの食材です!

*1 「気と血を補う」とは
漢方では体は「気」「血」「津」の3つから成り立っていると考えられています。この3つのうちのひとつ「気」は生命を維持し活動するエネルギーのことです。体の中の「血」や「津」(体液)を巡らせているのが「気」になります。「血」は血液と血液が運ぶ栄養の事を指します。気と血を補うとはすなわち体を巡るエネルギーが足りないのならそれを補い、エネルギーが滞っているのなら巡るようにし、血液も同様に足りなければ補い体に巡るようにすることを言います。

チーズ

特徴 消化吸収がいい良質のたんぱく質。
特徴的な栄養成分(100g中:プロセスチーズ)
たんぱく質:22.7g
カルシウム:630㎎
ビタミンB2:0.38㎎

水分を補い肺の働きを助けます。
微熱やのどの渇きや、空咳を鎮め、腸を潤す作用もあります。
牛乳よりもたんぱく質の消化吸収は優れています。

ココ

細胞の活性化や粘膜の保護によいビタミンB2も豊富なんだよ!

市販のチーズには様々な種類があります。しかし人間用のチーズで無塩のものはなかなか手に入りません。
通販などでは犬用の減塩チーズも購入できますが値段も高く、使い切るにはけっこう長い期間がかかります。腐るまでに使い切ろうと、短期間に与えすぎるのも良いとは言えません。

どのチーズが犬に良いのか色々な意見がありますが、たとえば…

ジョー

カッテージチーズは100gあたりに含まれるたんぱく質が26.6gもあります。カロリーも通常のチーズより約3分の1と低く、塩分も脂肪分も少なくお勧めです。


ココ

でも非加熱だから、封を開けたら早めに使うように心掛けてくださいね!

他のチーズは種類によっては乳脂肪分の高いものも多いです。パルメザンチーズ、ブルーチーズ、プロセスチーズは塩分量も高めです。
というようにチーズは種類によって内容が異なってきますが、健康上の問題がある場合を除き、たまに少量の塩分を摂取する程度なら大丈夫だと当ブログでは考えています。

塩についてはこちら*犬が塩を食べても大丈夫な理由

ですから今回のレシピでは市販の人間用チーズを使用しています。(添加物のないものが望ましいです)
気になる方は犬用のおやつヒマラヤチーズをチーズグレ―ターなどで削り、風味付け程度にしておきましょう。

ココ

ヒマラヤチ―ズは削るとかなり硬いよ~
でもヒマチ―大好きだから嬉しい!

チーズは犬に人気の食材なので、まれにチーズだけをより分けて食べて他を残す子がいますが、そのような場合はよく混ぜて与えるようにします。

牛乳

特徴 体を潤す。カルシウムが多い。
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:3.3g
カルシウム:110㎎
ビタミンB2:0.15㎎

牛乳のたんぱく質にはホエイプロテインが含まれています。
このホエイプロテインはグルタチオンの産生を盛んにします。

ジョー

グルタチオンには強肝作用があって、肝臓の働きを助けてくれるんです!

またグルタチオンは体に有害なアンモニアを尿酸に変え尿として排出させます。

牛乳は犬は摂ってはいけないと言われることもありますが、それについてはこちらの記事で書かせていただいています。
牛乳、チーズ、ヨーグルト…犬に乳製品を与えて良いの?

 

また使用する牛乳は安全性を考え、低温殺菌のものを選ぶのが好ましいでしょう。
大抵の牛乳が120度か130度で2秒殺菌されたものですが、65度30分のような殺菌方法のものは高温殺菌をしなくても、元から安全な牛乳ということでおすすめです。


タカナシ 低温殺菌牛乳

ココ

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

スポンサーリンク