夏バテ、疲労回復には豆類が役に立ちます。
中でもとっておきは枝豆です。枝豆に含まれるオルニチンが疲れた肝臓を元気にしてくれます。
暑い夏には枝豆を冷製スープにしてみませんか?

ジョー

夏の疲労を秋冬に残してしまうと、被毛のツヤがなくなったりよく抜けたりと、何かしらの影響が出てきます


ココ

疲労回復の力を持つ食材でその不安をカバーしよう!

原材料

*枝豆(豆の部分のみ)・・・80g
*鶏ミンチ(胸肉) ・・・30g
*ズッキーニ(今回緑色のズッキーニを使いました)・・・40g
*豆腐・・・1/4丁
*鶏ガラスープ・・・100cc
*牛乳(または豆乳)・・・120cc
*生クリーム・・・少々

*今回生クリームは安全な牛乳を扱うタカナシのものを使いました。添加物が含まれる植物性のものは避けてください。
*枝豆は大体殻付き140gで実が80g程度です。

スポンサーリンク

下準備

●枝豆・・・茹でて豆を取り出す。人間用ならここで豆の薄皮も取りますが、犬用では舌触りより栄養を優先するため取りません。
●ズッキーニ・・・適当な大きさにカット

作り方

  1. 鍋に鶏ガラスープを入れ、枝豆と鶏ミンチ、ズッキーニ、豆腐を入れて火を通す。
  2. 1に牛乳を加え、沸騰させないように注意しながら中火で温める。
  3. ブレンダーですり潰すかミキサーですり潰し、フードボールに移す。(人間用ならここで舌触りが良いように網で濾したりしますが、全部が食べられるようにここでも栄養を優先します)
  4. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べる直前に生クリームをかければ完成。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

このメニューはスープだから大型犬も小型犬も具材の切り方に関係なく同じように味わえるね!

枝豆

特徴 夏バテ、疲労回復に
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:11.7㎎
食物繊維:5g
カリウム:590㎎
カルシウム:58㎎
ビタミンC:27㎎

大豆が熟す前の段階である枝豆は、豆の栄養と野菜としての栄養を併せ持っています。
気を補い(*1)、血の巡りを良くします。枝豆のたんぱく質に含まれるメチオニンには肝機能を高める働きがあります。

ココ

夏バテ、疲労回復に大いに役立つ食材です♪

*1 「気を補う」とは
エネルギーを高めるという意味合いを含めた漢方の言葉です。

ズッキーニ

特徴 低カロリー、疲労回復に
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
カリウム:320㎎
ビタミンC:20㎎
鉄:0.5㎎
βカロテン当量:320μg

100g当たり14キロカロリーと低カロリーの夏野菜です。
豊富なカリウムと疲労回復に役立つβカロテンやビタミンCを含みます。

ジョー

鉄分も多いから貧血気味にも良いんだよ!

鶏肉

特徴 脾と胃の働きを助ける
特徴的な栄養成分(可食部100g中・成鶏肉むね肉皮付き)
たんぱく質:19.5㎎
脂質:17.2g
ビタミンB2:0.08㎎

鶏むね肉は脾と胃(*1)の働きを助け、食欲不振や下痢を改善し、鶏むね肉に含まれるイミダペプチドが疲労回復に役立ちます。
また鶏肉のたんぱく質に含まれるメチオニンには脂肪肝を予防する働きがあります。

ココ

高たんぱくでカロリーも低く、肝臓にお勧めの食材ですよ~

*「脾」と「胃」とは
漢方で言う「脾」は全ての補給や運行に欠かせないもとなっており、食べ物や飲み物から栄養を吸収し、「気」となって全身に運ばれ、「胃」によって食べたものを下に下ろします。この二つがうまく働くことで食べ物は美味しく上手く消化できると考えられています。

 

ジョー

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク