肥満を解消するための低カロリー食材のメニューです。
消化吸収が良く低カロリーの鶏むね肉をメインに、食物繊維の多いキノコ類を数種類入れました。

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として一食分 *個体差があるので調整して下さい)

*鶏むね肉・・・80g
*しいたけ ・・・1枚
*エリンギ・・・10g
*しめじ・・・10g
*もやし・・・20g
*雑穀米・・・50g
*豆乳・・・70g
*水・・・50cc
*バジル・・・2~3枚

スポンサーリンク

下準備

*鶏むね肉・・・一口大にカット
*きのこ類、もやし・・・みじん切り

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。鶏肉は火が通ると少々硬くなるので食べ慣れた大きさが安心です。

作り方

  1. 鍋に水を入れ、雑穀米によく火を通す。
  2. きのこ類、もやし、鶏むね肉を入れる。
  3. 豆乳を加えて弱火でじっくり、よく煮立ったら火を止める。
    もやしから水分が出ますが水分が足りなければ水を適宜足してください。
  4. 人肌に冷めたら刻んだバジルをトッピングして完成。

*与える時は人肌に冷ましてください。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

ぼくは大型犬だからこれくらいの具材の大きさでも美味しく食べたよ!

鶏肉(成鶏肉胸肉皮つき)

特徴 コラーゲンが豊富。
特徴的な栄養成分(可食部100g中 )
* たんぱく質:19.5g
* 脂質:17.2g
* ビタミンB:0.08㎎

鶏肉は脾と胃(*1)の働きを助け、疲労回復にも良い食材です。
咳、げっぷ、しゃっくりを収め、鶏肉のたんぱく質にあるメチオニンには脂肪肝を予防する働きもあります。

ココ

皮の部分はコラーゲンが豊富で、そのコラーゲンは髪や肌の潤いをもたせ、骨の老化防止や目の機能をアップします♪

ただし皮は脂肪分が多い為、気になるようなら取り除く、または下茹でする、焼いて脂をふき取るなどすると更にダイエットに良い食材となるでしょう。

*1 「脾」と「胃」
漢方で言う「脾」は全ての補給や運行に欠かせないもとなっており、食べ物や飲み物から栄養を吸収し、「気」となって全身に運ばれ、「胃」によって食べたものを下に下ろします。この二つがうまく働くことで食べ物は美味しく上手く消化できると考えられています。

しいたけ

特徴 ダイエット、生活習慣病予防
特徴的な栄養成分(可食部100g中:生シイタケ)
食物繊維:3.5g
カリウム:280㎎
ビタミンB2:0.19㎎
ビタミンD:2.1μg

低カロリーでミネラルと食物繊維の豊富なしいたけは、ダイエットに有効な食材です。
気や血の流れを良くし(*2)胃腸の働きを高めます。また抗がん作用があるとされるベータグルカンや、コレステロールを減らすエリタデニンなどが含まれています。

ジョー

生より干したものの方が栄養価に優れており、漢方においても干したしいたけは高血圧に効果がある生薬として用いられています。

ココ

しいたけに含まれるエルゴステリンは日光に当たるとビタミンDに変化して、干しシイタケももう一度日光に当てることでビタミンDの量が増えるんだよ♪

また、戻すときは熱湯を避け60~70度の温度でじっくり戻すとうまみが引き出せます。

*2 「気と血の流れを良くする」とは
漢方では体は「気」「血」「津」の3つから成り立っていると考えられています。この3つのうちのひとつ、「血」は血液と血液が運ぶ栄養の事を指します。「津」は体液のことです。
そして「気」は生命を維持し活動するエネルギーのことで、体の中の「血」や「津(体液)」を巡らせているのが「気」になります。
「気と血の流れを良くする」とは、もし「気」や「血」の流れが滞っているのならそれを正常に流れるようにすることを言います。

もやし

特徴 種類により色々な作用を持つ
特徴的な栄養成分(可食部100g中:緑豆もやし )
食物繊維:1.3g
カリウム:69㎎
ビタミンC:8㎎
注:栄養価はどの種類も大差ありません。

もやしは米や豆などの種子の新芽(スプラウト)の総称です。一般的には豆を発芽させたものが多いようです。主なもやしは「大豆もやし」「緑豆もやし」「ブラックマッペ」の3種類でそれぞれ効能が異なります。

大豆もやしは利尿作用、緑豆もやしは熱をとる作用、ブラックマッペにはコレステロール値を下げる作用があります。目的に合わせて種類を選ぶと良いでしょう。

ジョー

豚レバーとの組み合わせは避けることをおすすめします。豚レバーともやしを一緒に摂ると、もやしのビタミンCが壊れちゃうから…

 

ココ

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク