腎臓への負担が少ない卵を使ったメニューです。
ごはんは尿の出を促す働きのあるハト麦の入ったごはんにしました^^

原材料

原材料(中型成犬10㎏ 1日2回食として一食分 *個体差があるので調整して下さい)

*卵・・・1個
*鶏むね肉・・・30g
*ピーマン・・・10g
*パプリカ(赤)・・・10g
*しめじ・・・10g
*トマトピューレ・・・大1
*サニーレタスなどサラダの菜っ葉類・・・少々
*ハト麦ごはん・・・60g(炊いたもの)
【ハト麦ごはん1合の場合の分量】
ハト麦・・・約30g (炊く前の晩から水に浸しておくこと)
白米・・・105~110g

スポンサーリンク

下準備

*鶏むね肉、ピーマン、パプリカ、しめじ・・・小さくカットしておく。

喉の大きさや体調・消化の得意不得意により具材の大きさは調整して下さい。

作り方

  1. 卵はスクランブルエッグにする。犬用なので半熟ではなくしっかり加熱する。
  2. 卵を取り出し、同じフライパンにに少しオリーブオイルを入れて、鶏むね肉、ピーマン、パプリカ、しめじ、ごはんを入れて炒め、仕上げにトマトピューレを入れて混ぜ合わせる。
  3. 器に1を入れ菜っ葉を添えて、スクランブルエッグを置いて完成。

*与える時は人肌に冷ましてください。

スポンサーリンク

レシピメモ

ジョー

う〜ん、絶品だね!おしゃれなカフェランチでもしてるみたい!

たまご

特徴 ほぼ完全栄養食
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
たんぱく質:12.3g
鉄:1.8㎎
ビタミンE:1.0㎎
ビタミンB2:0.43㎎
ビタミンA(レチノール活性当量):150μg

卵は各種栄養成分が含まれる、ほぼ完全栄養食品です。
卵には必須アミノ酸が8種類含まれています。その中のメチオニンには抗うつ、抗アレルギー作用があります。
卵は血を養い(*1)、不眠やめまい、精神の不安定を改善する効果もあります。

ココ

卵に含まれる鉄分は体に吸収されやすいから貧血の予防にもなるんだって〜

注:完全栄養食と言われる卵ですが、食物繊維とビタミンCは含まれていないので他の野菜などで不足分を補うと良いでしょう。

*1 「血を養う」とは
血液を増やし、必要な栄養素を体のすみずみまで運び正常な働きをするという意味合いを含めた漢方の言葉です。

ハト麦

特徴 肌のトラブルに
特徴的な栄養成分(可食部100g中)
炭水化物:72.2g
たんぱく質:13.3g
カリウム:85㎎
ビタミンB1:0.02㎎

ハト麦は脾(*2)の働きを良くする効果があります。水分や血液の流れを良くし、尿の出が良くなります。むくみにも効果があります。

ジョー

解毒作用があって胃腸を整え、ハト麦の皮を剝いた種子は「ヨクイニン」と呼ばれる生薬として知られているよ♪

*2 「脾」とは
漢方で言う「脾」の役割は体の臓器の「脾臓」とは少し異なり、単に消化吸収だけでなく、体に取り込まれた栄養を全身に供給する働きを担っています。
この栄養素は酸素と結合して「気」となり、心、肺、肝、腎の総合的な共同作業で「気」が全身に配られます。
「血」を作る働きや、体内の水分の吸収と排泄の促進も行っており、つまり「脾」 は「気、血、津」全ての補給や運行に欠かせないものなのです。

 

ココ

少しでも手作り犬ご飯のご参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク